読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベニズワイはメタン好き、日本海底に密集

 2010年8月19日の読売オンラインの記事。

東京大などの研究チームは18日、新潟県沖の日本海の海底で、大量のメタンが湧出
ゆうしゅつ
する場所を好んで、ベニズワイガニが密集していることがわかったと発表した。

 メタンを湧出する環境がベニズワイガニにとって良好なエサ場となっていると見られるが、詳細は不明。日本海には、白いシャーベット状のメタン化合物の塊で、燃える氷として注目される「メタンハイドレート」が埋蔵されている可能性があり、研究チームの松本良・東大教授は「カニの密集を調べることで、メタンハイドレート探査の手がかりになる」と期待している。

 研究チームは、メタン湧出地である新潟県沖はベニズワイガニの一大生息地であることに着目。海中ロボット「ツナサンド」を使い、ベニズワイガニが生息する直江津港沖合30〜40キロの海底12か所(各800平方メートル)を連続撮影した。

 大量のメタンが湧出する9か所では、通常の生息密度の数倍〜約80倍、最大3341匹ものカニが密集していた。メタン放出が少ない残り3か所は平均か全くいなかった。

 カニは、メタンを起源とする炭酸塩などでできた岩や、メタンを栄養源とする微生物の集合体「バクテリアマット」などに特に密集。そこではエサとなる生物が豊富と見られる。

(2010年8月19日01時53分 読売新聞)

 ぼくらにとっては、普段はのぞけない非日常的な場所。でも、カニにとっては日常的な場所なのだろう。