読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

<span style="font-weight:bold;">社会の一員としての企業</span>

eco検定

 改訂2版「eco検定テキスト」(東京商工会議所編著)からの引用。

 CRSとは Corporate Social Responsibility の略で、日本語では一般的に「企業の社会的責任」といわれています。企業も社会を構成する一員であることから、持続可能な社会を構築する取り組みに積極的に参加し、責任を果たすことが求められています。
 CRSには、社会、環境、労働、人権、品質、コンプライアンス、情報セキュリティ、リスクマネージメントなど、多岐ににわたるテーマが含まれています。そして、その取り組みの中心となるキーワードは「持続可能性( Sustainability )」であり、企業が経済面のみならず、社会・環境面に対しても配慮しながら(トリプルボトムライン)、バランスのとれた取り組みをすることであるといわれています。p.114

 コンプライアンスは、一般的に法令遵守(じゅんしゅ)と訳されますが、企業理念を守ることを含めているとの考え方もあります。
 ボトムラインとは、企業活動の最終的な決算、財務面の結果を意味します。トリプルボトムラインとは、経済面の結果に加え、環境面、社会面お結果も含めて総合的に高めていく考え方です。

目次へ