読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

<span style="font-weight:bold;">都市化にともなう環境問題</span>

 改訂2版「eco検定テキスト」(東京商工会議所編著)からの引用。

 都市化における環境問題は、すでに18世紀ごろのロンドンで発生していました。特に、食品廃棄物や排泄物などの廃棄物による汚染や石炭暖房による大気汚染が進行し、19世紀にかけて深刻な問題となっていました。
 現在でも、東南アジアなどの途上国の首都の周辺に大量のごみが捨てられた「スモーキーマウンテン」などと呼ばれる場所があります。
 日本の場合は、都市部から離れた山林や原野への不法投棄などが社会問題になっています。p.50

 ロンドンも例外ではないのですが、大きな川などがあっても水路が町中に引かれている都市は、それほど多くはありません。p.51のコラムにあるとおり、18世紀の江戸は、水路が町中に走る環境都市でした。
 当時のロンドンの空は、元々曇ることが多い土地柄な上、蒸気機関が頻繁に使用されていたため、灰色がかったどんよりとした空でかなり大気汚染が進んでいたといわれています。
 スモーキーマウンテンは、フィリピンマニラ市のゴミの投棄場にスカベンジャー(貧民)が住み着きスラム化した場所をいいます。フィリピンの貧困の象徴として取り扱われるようになり、国のイメージが損なわれるとして、フィリピン政府によって、現在は閉鎖されています。
 日本では、ドキュメンタリー映画として、「忘れられた子供たち−スカベンジャー」が放映され話題となりました。

 日本では、狭い国土に約1億2700万人が生活しており、そのうち東京・名古屋・大阪などの都市圏に人口が集中しています。人口の集中するところは、人々の活動が集中し、さまざまな物が集中し、生活の場である住宅が集中します。その結果、さまざまな環境問題が発生します。
 現代の都市が抱える主な環境問題は、次のとおりです。ほかにも、光害(ひかりがい)都市景観の悪化都市型洪水などの問題が指摘されています。

  1. 人々の生活や事業活動から発生する廃棄物の処理
  2. 自動車の増加・交通渋滞による大気汚染
  3. 住宅や工場・商業施設などの密集による騒音・振動・悪臭などの感覚公害の増加
  4. 森林・緑地不足、コンクリート・アスファルト構造物の増加、エアコン廃熱などにより都市部の気温が高まるヒートアイランド現象

 近年、日本の各地域では、人口の地域間移動の増大や家庭電化製品の普及などにより、”都市型生活”に変わりつつあります。今後、程度の差はあるにしても、日本全国で都市生活型環境問題が発生する可能性があります。p.50-51

 典型7公害のところでふれましたが、光害(ひかりがい)とは、都市化、交通網の発達などによる屋外照明の増加、照明の不適切または過剰な使用などにより、まぶしさといった不快感、信号などの重要情報に対する認知力の低下、農作物や動物への悪影響などで、夜空が明るくなり天体観測などがやりにくなっていることも含まれています。
 この中で一番深刻なのは、ヒートアイランド現象ですが、これは、1コーナーを設けて後述します。

目次へ