ハイリゲンダムG8サミット

 2007年6月、ドイツのハイリゲンダムで行われたG8サミットで「2050年までに温室効果ガスの排出量を少なくとも半減させることを真剣に検討する」ことになった。