読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球上にある淡水の量

覚書

 今、eco検定を受けるために勉強をしている。そのテキストに、淡水の量は、地球にある水全体のうちの約2.5%しかないと書かれていた。残りの97.5%は海水(塩分を含んだ水)ということになる。では我々が利用できる淡水の量はどれくらいなのだろう?淡水のうち、氷河中に含まれている水や途上中の水、そして永久凍結地域の地下の氷など使用が困難なものを集めると約70%になる。従って淡水の内利用可能な水は約30%程度となるが、このうちのほどんどが地下水であり、すべてが使えるわけではない。
 ちなみに、河川の水は、0.00002%であり、生物中に含まれている水は0.00001%となっている。この辺の数値はどうやって計ったのか不明だが、国土交通省水資源部がWHOのデータを使用して使ったらしい。