読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電子書籍の普及は進むか?

 今日の日経新聞の一面見出しは、「アマゾン、日本で電子書籍」。アマゾンが、電子書籍に関して本格的に参入するために、各出版会社と交渉を進めているという記事。奇しくも今日は、ソニーの電子書籍リーダー二代目の発売日。実は、今日、ソニーの電子書籍リーダーを買うつもりでいた。

 今までのリーダーは、Wi−Fiに対応していなかったため、パソコン経由でしか購入できなかった。また、ソニーのリーダーは、ソニーのストアーからしか購入できない仕組みだった。それが、Wi−Fiに対応し、購入も、紀伊國屋書店と楽天サイトで購入できるようになる。

 新聞記事によると、アマゾンは、キンドルの販売も検討しているという。現在、アメリカで販売されているキンドルの魅力は、なんといっても価格だ。ただ、日本語のフォントに対応していないことが問題だった。当然、日本語の複数のフォントに対応するようになると価格は上がるだろうが、戦略的な販売方法をとってきたアマゾンならではの価格で登場するような気もする。

 キンドルの販売は、おそらく春以降だろう。今回は、ソニーのリーダーを買って、様子をうかがっていくことにしよう。これによって、日本にも本格的に電子書籍が普及し出すような気がする。