読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

<span style="font-weight:bold;">地球サミットの概要</span>

eco検定

 改訂2版「eco検定テキスト」(東京商工会議所編著)からの引用。

 1992(平成4)年、ブラジルのリオデジャネイロで「環境と開発に関する国際会議(地球サミット)」が開催されました。これは、1972年に開催された「国連人間環境会議(ストックホルム会議)」から20年ぶりに開催された環境に関する国際会議で、182カ国が参加しました。
 地球サミットでは、地球環境問題を人類共通の課題と位置づけ、地球環境保全と持続可能な開発の実現のために、次の事項について採択、または条約の署名が開始されました。

  1. 環境と開発に関するリオデジャネイロ宣言(リオ宣言)」の採択
  2. 気候変動枠組条約」および「生物多様性条約」の署名開始
  3. 森林原則声明」の採択
  4. 持続可能な開発のための人類の行動計画アジェンダ21」の採択

p.86

 何度か登場していますが、1992年にブラジルのリオデジャネイロで開催された地球サミットは、重要です。もう一度きちんと整理して覚えましょう。
 1972年にスウェーデンのストックホルムで行われた国連人間環境会議からちょうど20年ぶりに開かれた環境に関する国際会議で、重要な事項が取り決められた会議です。
 ここで、採択された4つの項目はどれも重要で、今進められている環境への取り組みの源泉がここにあります。

目次へ