読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

<span style="font-weight:bold;">地球上の森林が減少している</span>

eco検定

 改訂2版「eco検定テキスト」(東京商工会議所編著)からの引用。

 地球表面の約71%は海で、残り約29%を陸地が占めています。国連食糧農業機関(FAO)の「The Global Forest Resoures Assessment 2005(世界森林資源評価2005)」によると、世界の森林面積は、約39.5億haで、これは地球の陸地面積の約30%に相当します。この森林面積は、熱帯林を中心に減少を続けており、2000〜2005年の間に毎年約730万haの森林が減少しました。図表2ー29のように、1990〜2000年の毎年約890万haの減少に比べると、その速度は落ちているものの、減少傾向には変わりありません。
 地域別で見ると、ヨーロッパで着実に増加していること、またアジアでは中国での植林活動により2000〜2005年では森林面積が増加に転じました。しかし、熱帯雨林をもつアフリカ、南米の森林面積が大幅に減少しており、地球温暖化や生物多様性にとって深刻な影響を及ぼすことが懸念されています。

 地球表面の約30%が陸地で、またその約30%が森林です。日本の場合、国土の66%が森林であり、世界でも有数の森林国です(p.32参照)。
 ヨーロッパでは、森林面積が増加しています。また、アジアでは、減少から増加にシフトしています。そして、アフリカと南米で森林減少が続いています。
 ここで、注意しなければならないのは、人口と森林減少との因果関係があまり成り立たないということです。人口問題のページでは、アジアの人口が圧倒的に多いことを見ました(p.38参照)。しかし、森林面積が減少している地域は、アフリカと南米です。特に、南米にはアマゾンなどの森林が密集している地域があり、そこでの森林減少は深刻です。

目次へ