読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大気には層がある

eco検定

 改訂2版「eco検定テキスト」(東京商工会議所編著)からの引用。

 地球を取り巻く大気の厚さは、500kmにも及び、いくつかの層をなしています。図表2ー4に、大気の層の構造を示します、
(1)対流圏
 地上から10〜15kmくらいまでの領域で、大気のもっとも下層を占めます。地表で暖められた空気が上昇して雲をつくって雨を降らせ、風が吹くなど、大気が対流して気象変化が起こる、わたしたちにもっとも関係が深い層で、地球の大気の約75%、水蒸気のほとんどが含まれています。
(2)成層圏
 対流圏の上、高さ約50kmくらいまでが成層圏と呼ばれ、大気の動きが比較的安定した層です。この層にはオゾン層があって、生物に有害な紫外線を吸収し、地表に届かないようにするという重要な役割があります。近年、人間が放出したフロンガスなどでオゾン層が破壊されてオゾンホールができ、紫外線による生物への危険が増大しつつあります。
(3)中間圏・熱圏
 成層圏の上方には中間圏、熱圏と呼ばれるきわめて薄い大気の2つの層が地上500kmくらいまであり、宇宙空間につながっています。(p.26)

 大気の厚さは、東京から京都の手前ぐらいまでの距離にあたると思います。また、対流圏の距離は、本社(三ノ輪)から草加工場(草加)までの距離です。自分の家から約10キロから15キロの場所ぐらいまでの場所をイメージして覚えるといいと思います。
 対流圏に大気の75%があるというのは覚えておいてください。
 また、オゾン層が成層圏にあることも出題される可能性があります。
 オゾン層にオゾンホールを開け、オゾン層を破壊するといわれているフロンガスは、フッ素を主体としたガスです。冷蔵庫やエアコンの冷媒として主に使用されていましたが、オゾン層を破壊するということで、現在は使用が禁止されています。フロンガスには、オゾン層を破壊する特定フロンガスと、オゾン層破壊性の小さい代替えフロンガス(HCFC)、そしてオゾン層破壊性のない代替えフロンガス(HFC)に分類されています。

目次へ