読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球環境の劇的悪化は12月31日23時59分から

eco検定

 改訂2版「eco検定テキスト」(東京商工会議所編著)からの引用。

 図表2−3は、46億年の地球の歴史を1年間に圧縮した「地球カレンダー」です。
 類人猿から分かれた人の祖先につながる猿人がアフリカに登場したのは約800〜400万年前ともいわれ、現生人類(ホモ・サピエンス)が登場してのは約20万年前と考えられています。
 18世紀半ばの産業革命は「12月31日23時59分58秒」、化石燃料の大量消費など拡大した人間活動に起因する地球環境問題はここから始まっています。
 このカレンダーで、わたしたち人類がきまめて短時間に、46億年かけてつくりあげられた地球環境を劇的に変化させてきたことがわかります。生物と地球環境との共存関係の継承は、わたしたち人類の今後の活動にかかっています。(p.25)

 地球カレンダーの内容はできるだけ覚えてください。ここまでの内容のまとめとなっています。よくひっかけ問題で、地球最初の生物がラン藻だったとか、原始バクテリアが光合成をおこなったとか、でるときがあります。間違えないようにしてください。最初の生物が原始バクテリアであり、光合成で酸素の放出をおこなったのはラン藻です。

目次へ