読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

循環型社会に向けた処理の優先順位

 1番目が、発生抑制Reduce(リデュース)ごみを出さない。
 2番目が、再使用Reuse(リユース)使えるものは繰り返し使う。
 3番目は、再生利用Recycle(リサイクル)再使用できないものは原材料として利用。
 4番目は、再生利用できないものは熱エネルギーに使用。
 5番目に、適正処分、どうしても捨てるしかないものは、きちんと処分。