覚書

シングル・モルト・ウィスキー

村上春樹著「もし僕らのことばがウィスキーであったなら (新潮文庫)」からの引用。 それぞれにきりっとしたパーソナリティーがあり、アロマによって生産地が特定できるというのも、シングル・モルトの素敵な特長のひとつである。スコッチではそれができない…

ベニズワイはメタン好き、日本海底に密集

2010年8月19日の読売オンラインの記事。 東京大などの研究チームは18日、新潟県沖の日本海の海底で、大量のメタンが湧出 ゆうしゅつ する場所を好んで、ベニズワイガニが密集していることがわかったと発表した。 メタンを湧出する環境がベニズワイガニにと…

人口ははるか以前に、地球の食物生産量を超えていた

トーマス・ヘイガー著「大気を変える錬金術――ハーバー、ボッシュと化学の世紀」(みすず書房)からの引用。 クルックスの演説から百余年、人口は倍増し、また倍増し、これから二、三〇年でまた倍増する見込みだ。人口ははるか以前に、地球の食物生産量を超え…

クルックスの予想

トーマス・ヘイガー著「大気を変える錬金術――ハーバー、ボッシュと化学の世紀」(みすず書房)からの引用 一八九八年年、イギリスのプリストルにある音楽ホールで、白くなりかかったあごひげと口ひげをきれいにそろえ、ワックスで長い針のように固めた細い男…

誰にミック・ジャガーを…

村上春樹著「走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)」からの引用。 僕は今、五十代の後半にいる。二十一世紀などというものが実際にやってきて、自分が冗談抜きで五十代を迎えることになるなんて、若いときにはまず考えられなかった。もちろん…

ウイルスって何からできているの?

岡田吉美著「ウイルスってなんだろう (岩波ジュニア新書)」からの引用。 最初に純粋な形で分離されたウィルスは、TMV(タバコモザイクウィルス)です。第1章3で述べたように。TMVはタンパク質らしいという予想で、タンパク質の精製法をそのまま使っ…

ウイルスが結晶化

岡田吉美著「ウイルスってなんだろう (岩波ジュニア新書)」(岩波ジュニア新書)からの引用。 ウイルスが結晶化されたということは、科学者にとって大きな衝撃でした。ウイルスはどんどん自分と同じものを増やしていきます。それは見かけ上、細菌と同じです…

eco検定試験

ここ数日、ブログの来場者数とTwitterのフォロー者数が急増している。昨日のブログでXperiaについて書いたから集まったのかと思って、ログを確認したところ、どうもeco検定で検索してきてくれている方が多いみたいです。感謝いたします。 e…

Xperia について

昨日、朝からTwiccaで通信ができずTwitterにアクセスできない状態が続いた。前にアクセスできなくなった時は、電源を入れ直したらアクセスできたので、今回も電源を入れ直してみたがアクセスできない。 Xperiaの画面をよく見ると、電源起動後の…

モバイル・コンピューティングの潜在的な市場規模

小林雅一著「モバイル・コンピューティング」(PHP研究所)からの引用。 2009年9月現在で、日本における携帯電話の加入数は1億1000万人余りだが、中国では約7億1000万人、インドでは約4億6000万人に達する。 携帯電話の基地局は、設置コストが比較的少なくて…

東京スカイツリーが無視できなくなってきた

朝、通勤電車に乗って、車窓を眺めていると東京スカイツリーが無視できない大きさになっていることに気づく。 小菅を過ぎ、北千住に近づくと、隅田川越しに東京スカイツリーが否応なしに目線に入ってくる。 昨日、三ノ輪から上野まで歩いたときも、入谷の交…

Xperia購入

先週の金曜日、話題のソニーエリクソン社製スマートフォン「Xperia」を購入した。ドコモの発表では、予約だけで5万台を越したとされている。確かに、3月31日にドコモショップへ行くと売り切れで、予約受付を終了していると言っていた。次の入荷は…

数字当てクイズ

長瀬勝彦著「あなたがお金で損をする本当の理由 (日経ビジネス人文庫 ブルー な 6-1)」の引用。 「ハインズ博士「超科学」をきる」(テレンス・ハインズ著、井山弘幸訳、化学同人、1995)によれば、有名なユリ・ゲラーが「超能力」ショーの会場でたびたび…

アンカー効果

長瀬勝彦著「あなたがお金で損をする本当の理由 (日経ビジネス人文庫 ブルー な 6-1)」(日経ビジネス文庫)からの引用。 [問1]あなたの自宅または携帯の電話番号の下二桁を書いてください。 [問2]アフリカの国連加盟国の数は、問1であなたが書いた数字…

ノイマン&モルゲンシュテルンの期待効用基準

小島寛之著「確率的発想法~数学を日常に活かす」(NHKブックス)からの引用。 人びとの経済行動には、「期待値基準」では説明しきれない部分があることがわかりました。そこで新しい説明方法を考え出したのが、フォン・ノイマンとオスカー・モンゲンシュ…

冬季競技を盛り上げていくためには

夏季オリンピックと冬季オリンピックでは、競技数が違うのでメダルの獲得数が異なっても致し方ないと思う。しかし、出来ればもう少しメダルが取れる体制を日本国内で構築できないものだろうか。 日本では、冬が短いため、冬季スポーツを出来る期間が短い。ま…

4年に一度のブーム”カーリング”

今、女子カーリングが熱い。昨日、ロシアに劇的な逆転で勝利したクリスタルジャパン。残念ながら、二試合目のドイツ戦では1点及ばず負けてしまった。 予選は、総当たり戦だというからあたる順番は関係ない。まして予選に出てくるチームは、それなりの力があ…

視覚の真実

レナード・ムロディナウ著「たまたま―日常に潜む「偶然」を科学する」からの引用。 人間の知覚はリアリティの直接的帰結ではなく、むしろ想像の作用であることにファラデーは気づいた。 知覚は想像を必要とする。なぜなら人間が暮らしの中で出くわすデータは…

味覚と臭覚によるあいまいさ

レナード・ムロディナウ著「たまたま―日常に潜む「偶然」を科学する」からの引用。 理論的な視点からすると、ワインの格付けの意味に疑問を抱く理由はいろいろある。一つには、味の知覚というものは、味覚の刺激と臭覚の刺激との複雑な相互作用にかかってい…

マリリンの災難ーモンティ・ホール問題

レナード。ムロディナウ著「たまたま―日常に潜む「偶然」を科学する」からの引用。 テレビのゲーム番組で、競技者が三つのドアの選択権を与えられるとします。一つのドアの後ろには車が、残りのドアの後ろにはヤギがいます。競技者が一つのドアを選択したあ…

昨日、夜半に雪が降ったのか、朝起きて外にでたら雪景色だった。たぶん、今年一番冷え込んだ朝だと思う。ラジオでは、埼玉の朝の気温がマイナス3℃だったと言っていた。 チャールズ・サイフェ著「異端の数ゼロ――数学・物理学が恐れるもっとも危険な概念 (ハ…

個人の位置づけについて

須田和博著「使ってもらえる広告 「見てもらえない時代」の効くコミュニケーション (アスキー新書)」からの引用。 大衆は、時代の変化とともに分衆へと変化し、さらに個へと移行していった。 今の「ユーザー」とは、情報の受け手である「生活者」であると同…

時間とお金の関係

クリス・アンダーソン著「フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略」(NHK出版)からの引用。 フリーミアム経済その大部分がこの時間とお金の関係に基づいている。 子供のときは、お金よりも時間を多く持っているだろう。だから、手間がかかっても無料の…

時間とお金の関係

クリス・アンダーソン著「フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略」(NHK出版)からの引用。 フリーミアム経済その大部分がこの時間とお金の関係に基づいている。 子供のときは、お金よりも時間を多く持っているだろう。だから、手間がかかっても無料の…

Twitterを始めてみる

Twitterのサイトには、去年登録をしていたのだが、使い方が全くわからず、そのままになっていた。 今年に入って、根岸智幸著「Twitter使いこなし術」(アスキー親書)を本屋で見つけ、読んでみたのだが、実際にいじらないと内容が理解できず、わから…

いい文章

ぼくが考えていたのは言葉のことなんだ。 ぼくはたくさんの人が書いた文章を読んだ。世界的な文豪もいれば、B級のペーパーバックライターもいた。大新聞や雑誌のジャーナリストに、予備校で小論文を教えるセンセイなんかもね。 結論はこうだ。ただひとつの…

赤黒い雲

石田衣良著「池袋ウエストゲートパーク? ワルツ・フォー・ベビー」からの引用。 おれはうちの果物屋の店番を終えると、CDウォークマンをウエストバックにいれて通りにおりた。別に誰かいい人と待ちあわせがあるわけではない。息が白く伸びて、風は氷水のよ…

『あっ、それおもしろい』っていう好奇心

石田衣良著「池袋ウエストゲートパーク (文春文庫)」(文春文庫)サンシャイン通り内線より 「なんのために? あんたはこの街でなにがやりたいんだ」 「どこかでおかしなことが起こっていたら、私はそれを大勢の人に知らせる。それが仕事なの。それでみんな…

北千住駅の朝の風景

北千住駅は、東武伊勢崎線が滑り込んでくる1階のホームと日比谷線の始発駅である3階のホームに別れている。もちろん東武伊勢崎線から日比谷線へ乗り入れている電車もあるので、そういう電車は直接3階ホームに滑り込む。1階ホームに乗り入れるのは、主に…

eco検定合格

昨日、帰ってポストを開けたら、東京商工会議所からの封筒が 届いており、開けてみるとeco検定合格の知らせが入っていた。 成績は、100点満点中88点だった。受験者数は、25,208人で、 そのうち合格者は16,431人。合格率は65.2%、平均…

川上弘美著「[asin:4101292353:title]」

エコ検定まであと一ヶ月とちょっと、というのに文庫本を買ってしまった。いや買ってしまったまではいい。読み始めてしまった。本を読んでる場合じゃないだろうと心の内側から叱咤が飛んでくる。 今週の日曜日、いつものように車でトーキング・ウィズ・松尾堂…

地球温暖化が人為的要因によること

昨日、国立環境研究所の江守さんの講演を聴いてきた。お題は、「地球温暖化の現状と将来予測」。 IPCCの第四次報告を使用したわかりやすい説明だった。地球温暖化は人為的な要因によるものであること。化石燃料の使いすぎが原因で大気中に温暖化ガスが必…

人口増加が意味すること

環境問題を考えていると、どうしても人口増加がポイントに思えてくる。とある学会で農学関係の教授が話していたが、我々日本人が考えているような爆発的な人口増加はもう収まってきているそうだ。欧米人は、もうそのことに気づいていて、なぜか日本人だけが…

地球上にある淡水の量

今、eco検定を受けるために勉強をしている。そのテキストに、淡水の量は、地球にある水全体のうちの約2.5%しかないと書かれていた。残りの97.5%は海水(塩分を含んだ水)ということになる。では我々が利用できる淡水の量はどれくらいなのだろう?淡水のう…

サロンパスカップ観戦

先週の土曜日、国内女子ゴルフのサロンパスカップを観戦してきた。当日は、天候にも恵まれ、11時から15時ぐらいまで各選手のプレーを満喫できた。 しかし、である。食事するところが少なく、どこも30分以上並ばないと食事にありつけないありさま。茨城ゴルフ…

パンデミック pandemic

豚インフルエンザが人へ感染したことがニュースになっていらい、パンデミックという言葉が、多く使われるようになっている。この「パンデミック」という言葉、全く知らなかった。辞書を引いてみると、下記のように書いてある。 感染症が世界的規模で同時に流…

才能

角田光代著「恋をしよう。夢をみよう。旅にでよう。 (角川文庫)」からの引用。 化粧を含め、見づくろいってのは、明らかに何かの才能である。当然、才のある女とない女がいる。才能ってのは継続力だと私はつねづね思っている。継続しても、苦にならない何か…

群れを表す英語

今日朝の番組で、外国の詩人の方が話されていた内容でへえー、と思ったことが二つあった。 一つは、薬研坂の話。そして、もう一つが動物の群れの英語表現の多彩さである。 まず、薬研坂の話。薬研坂はすり鉢状のかたちをした二つの斜面を持った坂であり、そ…

頭の中にある自分だけの地図

角田さんが「恋するように旅をして (講談社文庫)」のあとがきで、「世界を旅しながら、自分の頭の中にある地図に、行った場所を付け加えて、自分なりの世界地図を作っている。」というような内容を語られているのだが、世界とまでいかずとも、日常の地図は、…

何もない世界

角田光代著「恋するように旅をして (講談社文庫)」からの引用。 町をすぎて、両側に建物はみられなくなり、背の低い木々や濃い緑の生い茂った畑を左右に眺めてしばらくすると、いきなり何もなくなる。空の下に、ただ大地が広がっている。いぼみたいに石ころ…

本という記憶媒体

三浦しをん著「月魚 (角川文庫)」からの引用。 店にあるときの古本は静かに眠る。これらの本を書いた人間たちは、すでにほとんど全員死者の列に連なっている。ここに残されているのは、この世にはもう存在していない者たちの、ひっそりとしたささやき声だ。…

体重グラフ再開

昨日から、はてなグラフの体重をまたつけ始めた。体重を落とすためには、やはり現実を直視する必要がある。体重計から逃げてはいけない。ちなみに昨日が63.4キロ、今日が64.2キロ。う〜む、一日で1キロ上下するというのも問題なのでは・・・・・。

ナノ金属粒子のはなし

先週、科学技術週間ということで、国や都道府県の研究機関が一般公開を行っていた。物質材料研究機構は、展示会などで何度か見かけたことがあったが、訪問したことはなかった。いい機会なので、つくばにある物質材料研究機構を訪問した。 公開されている研究…

月曜日朝の筋肉痛

先週もそうだったような気がする。今日も足が筋肉痛に襲われている。 一昨日の土曜日、初めて(ウォーキングマシンではなく)ランニングマシンに挑戦した。それまで使用していたウォーキングマシンは、時速8キロまでしかでない。何となくスローペースのよう…

山を登ること、何かを書くこと

角田光代著「【送料無料】あしたはアルプスを歩こう [ 角田光代 ]」からの引用。 昨日からの続き。初めての方は、昨日の日記も参考にしてください。 わかったのだ、マリオさんの言っていたことが。自分の目で見ないと信じることができない。というのは、マリ…

朝、富士山が見えた

今日、4月にしては珍しく、通勤電車の中から富士山が見えた。4月にもなると、空が霞だし、なかなか遠くの山々までは見えない。朝の天気予報で、昨日雨が降り、今朝がた、空気が南風から北風に入れ替わったと言っていた。乾いた空気が入り込んで、遠くの山…

マリオさんがキリスト教に対して抱いた違和感

角田光代著「あしたはアルプスを歩こう (講談社文庫)」からの引用。 マリオさんは、このエッセイで著者の角田さんが、イタリアで初めて、トレッキングに挑戦したときのガイドさんだ。イタリア人で65歳。ロッククライミングもこなすが、仏教の僧侶の肩書き…

フェラータ

角田光代著「あしたはアルプスを歩こう (講談社文庫)」からの引用。 フェラータという言葉は、この旅が決まってからずいぶんと聞いてきた。フェラータがかなり難関だが、でもまあ大丈夫でしょう、とか。高所恐怖症の気があるとフェラータはちょっとこわいか…

4月の月例結果

またしても、さんざんな結果に終わった。イン59、アウト52のトータル111。 今日の朝、目覚めると全身に疲労感が漂っていた。目を開けるのも面倒。いつもは先に起きて消している目覚まし時計が声を上げている。右手を伸ばし、とりあえず目覚ましを黙ら…

ハリセンボン 箕輪はるかさん肺結核(読売新聞ニュース)

ハリセンボン・箕輪さん入院の波紋…侮れない肺結核 人気お笑いコンビ、ハリセンボンの箕輪はるかさん(29)が肺結核で入院したことが波紋を広げている。 「過去の病気」と思われがちな結核だが、実は国内で毎年約2万5000人以上が発病する感染症。どん…